中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo(スィ,エッコロ)」

AAS名古屋代表  鷺山はるこのブログです。 中小企業診断士2次受験ノウハウを惜しみなく掲載中!         ※Si.Eccolo!とはイタリア語で「はい、ここにあります。」という意味です。

2次の解法スキル集

設問分解の基本

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
設問文で、仮説思考のメモを出すこと。
これを「設問分解」という。
私が約25年前?に作った方法だ。

ところで、「設問分解」を教わっても
なかなか合格答案が書けない、
それどころか、設問で何を書いてよいか
わからない、という方はあるだろうか?

そんな方は、そもそものところで
やり方を正しく理解できていない。

正しく理解できていないのには
いくつか理由があるだろうが、
戦略フレームワーク(体系図)の視点で
設問を眺めていない気がする。

設問を読んだ時に
すぐに「体系図のどの位置の、
どの知識を使う話か?」
想像しているだろうか?

先日のブログで、診断士は
「経営学」の知識で問題解決する
とお話したが、戦略の枠組みが
浮かばないのは、
まさに「経営」の意識が無いと
自ら表しているようなものなのだ。

だからまずはこの練習をしてほしい。
設問ごとにで良いから、
その設問は、戦略フレームの
「どこの話か?」といつも考えてほしい。

これができなくてはマジ合格は難しい。
だからいつも、
「どこの話?」を口癖にしてね。
mm2

戦略的思考とは何か?

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
いつも事例を解く時に
「戦略的思考で解け」と言われる。

だが、ふと思ったのだが、
ひょっとすると戦略的思考で
解くとはどういうことか、
イメージできていないのでは?

正直、「戦略的思考」なんて、
言葉が難しい。そもそもこの言葉を
理論的に説明できるのは
大学の先生くらいではないか?

だが、私たち診断士は
大学の先生のように
難しく説明してはいけない。

可能な限りわかりやすく
平たく説明したい。

まず、「戦略」とは、
戦う策略のことだ。
戦うからには勝てる策略が必要だ。

具体的には、
どんな市場を(顧客)を
標的として狙い、
どんな武器(強み)を使って
戦うのか、これを考えるのだ。

まだこれだけでも難しいかもしれない。
もっと簡単に言うと、

「戦略的思考」で事例を解くとは、
単純なことを言うと以下だ。

・強みが使える?
・強みと似合う?
この2点だけを考えて事例問題を解くのだ。

「強み」を常に念頭に!一貫性を!
お忘れなくね。

fuji2

お悩みポイントを解決!

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
ただ問題を解くだけで合格は難しい。

合格を確実にするには、
科目別に必要な知恵やスキルを知り
鍛えることが重要だ。

例えば、事例気砲論鑪論を
活用する力が必要だ。

事例兇砲惑鮟颪涼亮韻魍萢僂垢
力も要る。

事例靴任録巴濃里傍瓩瓩蕕譴
現場改善の知識や知恵が要る。

事例犬任郎睫浬表や財務面で
事例ストーリーを読む力が要る。

あなたはこれらの力を意識して
学んでいるだろうか?

2次試験まで残り5ヵ月余り。
今のうちにこれらのポイントはぜひ知っておきたい。

そこでこれをピンポイントで学べるミニ講座を用意した。
↓↓

半日ずつ、気軽に参加できる講座だ。

さらに、上記をお申込みの方全員に、
「設問分解講座60分(担当:鷺山)」をプレゼント!
無料で受講できる。それもマンツーマンで。

1次受験がある方も、この機会に、
2次のコツをしっかり掴んでおこう!

そうして、6月からは安心して
1次試験に専念できるようにね♪
お申込みをお待ちしている。
https://www.aas-clover.com/nagoya/gw_skillup4jirei2024.html

hana6

与件文で気づくべきコト

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
2次試験のお悩みでよくあるのは、
「与件を読んでいても、何も気づかない」
ということだ。

「気づく」べきことは何か?

SWOTの情報くらいでは足りない。
もちろん社長の想いも大事だが、
それだけでも足りない。

答えはお金にまつわる話だ。

ただ売上が下がったとか、利益率が下がったとか、
直接的な内容だけでもまだ足りない。
間接的な表現を探すのだ。

例えば、組織事例の例で考えてみる。

令和4年の事例問題に
「役割分担が明確でなく〜〜〜」
という一節があった。

この一言からお金のイメージは持てただろうか?
組織の非効率、人事生産性の低下、
など想像できただろうか?

人も資源だ、生産性が落ちれば、
利益率に影響する要因となる。

こんな風に現実場面を想像しながら読んでいくとわかる。
事例問題の文章の殆どが、お金の話につながっていると。

合格答案に必要な情報は、常に間接的だ。

間接的な情報に気づくこと=思考力
と言っても過言ではない。

与件を「お金」の眼鏡で読み直してみよう。
気づき出すと、面白いように事例問題が読めるようになる。

間接的な情報探し。ぜひお試しいただきたい。
sakura1

現在・過去・未来〜♪

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
私は今、渡辺真知子の歌が頭の中でリフレインしている。
「現在・過去・未来〜♪」

おそらく、個別指導の皆さんへ
宿題を出したせいだろう。
事例企業の、過去、現在、未来の姿について
私にシンプルに説明してください、と。

よく「診断士思考」のお話をするが、
これがまさにそうだ。

この説明をどんな観点でするのか?
ここに診断士らしい思考が表れる。

2次試験では、細かい解法はわからなくても
事例企業の姿を端的に言える人はほぼ合格する。

どんな観点かはここでは書かずにおく。宿題だから。

ところで渡辺真知子のこの「迷い道」という
歌にはこんな歌詞もある。

「ひとつ曲がり角、ひとつ間違えて
 迷い道く〜ねくね〜♪」

2次試験も勉強法を間違うと、
迷い道に入り込む。
いつまでも、受験生活から抜けられなくなる。

だから合格するには、
「診断士思考」という正道を行こう。

くれぐれも、テクニックなどという
迷い道に入らぬよう、お気をつけて。
mm2
プロフィール

中小企業診断士の鷺山(さぎやま)はるこです。中小企業診断士2次専門校AAS名古屋の代表を務めています。このブログを通じて、診断士を目指すみなさんへ、なんらかの“気づき”をご提供したいと思っています。よろしくお願いします。経営コンサルタント(株)ニュートンズアイ代表取締役。

AAS名古屋情報
▼メルマガ登録はこちら!
毎月1日配信 ときどき号外

中小企業診断士2次試験対策メールマガジン


▼new! 2024年12月25日
募集スタート!


▼new!ビジネスコンサルティング・コーチ養成講座

コーチング講座





2次試験対策教材
shinansyo-link









ブログランキング参加中!
診断士受験生を応援中!
AAS名古屋Facebookページ


AAS名古屋 公式ツイッター


診断士2次対策の専門機関
中小企業診断士試験の2次専門機関のAAS名古屋・浜松ホームページはこちら!
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード