中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo(スィ,エッコロ)」

AAS名古屋代表  鷺山はるこのブログです。 中小企業診断士2次受験ノウハウを惜しみなく掲載中!         ※Si.Eccolo!とはイタリア語で「はい、ここにあります。」という意味です。

通る人・落ちる人

正しく、失敗から学びたい

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
未だ本試験の残映に悩まされている方があるかもしれない。

悔やんでも過去は過去だ。
中小企業診断士に成るべき人として、
今どうあるべきか、考えたい。

再現答案作成や振り返りをまとめるのは
当然のこととして、次をご提案したい。

人が失敗する時には、いつも何らかの傾向がある。

例えばわからない問題に出くわした時、
皆さんはどう対応したろうか?

パニックになり、蟻地獄に巻き込まれるように
時間を使ってしまったか?

それとも、一瞬パニックになりそうだったが
なんとか踏みとどまって、
他の問題を解いたか?

それとも、とりあえず後回しにして、
全体を俯瞰してから、
なんとかギリギリ答えを書いたか?

この3つの事象は、単に試験だけの話ではなく、
あなたの問題解決のパターンを示している。

長い人生には幾度となく山や谷が来る。
突然の嵐も来るだろう。

そんな困難な時に、どう対応する人なのか?
それを表している。

今は試験が終わったばかりで、
考える余裕もないかもしれないが、
落ち着いたらぜひ、振り返ってほしい。

わからない問題に出くわした時(困った時)、
どんな問題解決の方法を取ったか?

それを知り、自分を知ることは、
試験に通るよりも
もっと大事なことかもしれない。

頭が冷えてきたら、ぜひ考えてね。
自分はどんな人だったか?

気付けばきっと、次の糧となる。
181912

一年の計を立てる前にやるべきこと

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」
と昔から言うが、皆さんは「計」を立てられただろうか?

私も、子供の頃は、何かしらの
計画を立てていた。
親や先生から、「そうすべき」と
教わっていたからだ。

ちなみに、2日には書初めをしていた。
そして、3日までには初詣へ出向き、
7日に七草がゆを食べた。
正月の最後、11日には鏡開きのぜんざいだ。

こんな風に、暦に従って、儀式を行っていた
子供の頃が懐かしい。

この年になると、また昔に帰りたくなる。

ところで「計」といえば、学習計画だ。

いきなり立てていないだろうか?

1次試験対策はまだ良い。
だが2次試験対策の学習計画は、
問題解決思考で立てたい。

自分のどこに問題があるのか?

それを自覚しなければ、
正しい計画は立てられない。

そもそも診断士試験の
特徴がわかっているか?
何を試されるのか具体的にわかっているか?

そのうえで自分に足りないものを
見つけることが先決だ。

個別相談も受け賜っている。

特に、令和3年事例兇量簑衢兒罎伐鯏を
お送りいただければ、
上記の診断士試験で問うことを
理解しているかどうか、見分けがつく。
宜しければ、拝見して診断する。

なお、令和4年の講座をご検討中の方は、
こちらからへ。↓↓

そろそろ令和4年の計を立てよう。
ご希望の方はお気軽に。

cat1

残り33日だ!パニック対策は必須

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
試験中に混乱してきてパニックになる方がある。
というか、殆どの受験生がそうだろう。

わからない問題が登場すると、
つい一生懸命考えてしまう。

そのうち、はまって時間をどんどん使ってしまう。
そういう蟻地獄にはまっているかのような自分に
気が付いてさらに焦るのだ。

そうして、「もうこれじゃダメだ」と
他の問題に慌てて取り組み、
走り書きのような解答を書き、
終了時間を迎えてしまうのだ。

想像するだけでも悪夢を見そうだ。

こんな状況でも合格を掴める!
と思う方はまずない。

だからパニックへの対策は
受験生として必須なのだ。
なんとしても考えておかねばならない。

対策には、
最中に行うものと事前に行うものがある。

まず最中に行うことだが、
少なくとも、混乱しそうな状況に陥った時は、
すぐに手を止めることだ。

5秒考え、解答の方向性がわからない問題は
かなり考え込むことになる問題だ

そんな問題は、全体を読んで、
他の問題を考えてから
それらにつじつまを合わせるように
書くしかない。

なぜなら、自分で考え付かないのだから。
観点を変える必要がある。

だから初見の段階で考え込むのは
無駄なのだ。

わからない問題に出くわしたら
大きく目立つ印やフラグを付ける。

付けたらすぐにそのことを忘れて
次へ読み進める。
そうして解答を書く際に、全体を眺めなおして
何を書くべきか決めるのだ。
試験の最中の対策としてはこれが最もやりやすい。

さて次だが、試験の前に準備しておく
パニック対策はどうか?

これについてはまた明日。

今後の試験傾向をどう対策するのか

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
今年はいつもと違うなあ、と感じることがある。
それは既に講座説明会のご予約が
入ってきていることだ。
それも、まだ一ヶ月以上も先の。
相談会と一緒になってて人数限定のせいか。

今年の試験傾向を見て、
もうこれまでのような紙の上だけの対応じゃ
無理!と判断された方が多かったのだろう。

うちのような対話式で一人ひとり考え方を指導したり、
実務的な観点で事例問題を読み聞かせして
一緒に分析したりするようなスクールを
望まれる方が増えるかもしれない。

実際、昔合格率が7割近くいった頃は、
お昼休みには食事と一緒にモールを散策して
「売れる店づくり」を考えたり、
またある時は、先輩の会社の工場見学に出かけたりも
していた。その工場見学で見て学んだのだ。
見込み生産と受注生産の「スピード」の違いを。

実際の場面をみると紙の上の事例企業も
膨らんで見えるようになる。

また昔のような講座も復活させようかなー。
オプションでもいいから、なーんて
思っている次第だ。

第一、面白いしね。みんなを引率して
外で勉強なんて、めちゃ楽しい!

いずれにしても、これからの試験に対応するためには
「イメージ」トレーニングも大事だと思うよ。

遠くにお住まいの皆さんは、まずは白書の事例で、
イメージを膨らませて頂戴。

白書はキーワードを覚えるもんではない!
今の中小企業の傾向を知るためのもんだから。

とりあえず、秋風にでも吹かれながら
白書を読もう!成功した企業の事例を。

凡事徹底で合格

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote

とあるパチンコ店のCMで聞いた言葉が耳に残った。
「凡事徹底」だ。

平凡なことを、非凡にするくらいに、
また、当たり前ことを人には真似できないほど一生懸命やる
というような意味らしい。
イエローハットの相談役の方が提唱された考え方だそうだ。

年の初めにふさわしい言葉に思える。

当たり前のこと、たとえば、読み書きというような
日常的な作業をどれほど懸命に行っているだろうか。

日頃からわかりやすい文章、
すなわちシンプルでロジカルな文章を書こうと
意識していれば、試験のために慌てて練習しなくても良い。

ゲームやアニメだけでなく、意識して文章を読もうとしていれば
読解力も育つだろう。

例えば新聞を読む時も、中小企業を支援する心で
記事を読んでいれば、目に留まるモノも変わる。
株価だけ追ってちゃいけない。

白書も同じことだ。

よく、白書の学習方法がわからないという
ご相談を受けるが、中小企業の支援者として
読めば何をどう読めばいいのかわかってくるはずだ。

事例問題を解く時ですら、
与件文や設問文を、「支援者」として読めているだろうか。

「凡事徹底」
結構いい言葉だ。

中小企業診断士として日頃を過ごしてみよう。
それも徹底して。

煩い上司の言葉もやかましい家人の話も、
中小企業診断士、コンサルタントとして聞けば
客観的に冷静に聞けるかもしれない。

メール文だって、報告書を書くつもりで書けば
因果でわかりやすく、端的に書けるかもしれない。

この1年は、診断士として「凡事徹底」して生きよう!
合格のために!

プロフィール

中小企業診断士の鷺山(さぎやま)はるこです。中小企業診断士2次専門校AAS名古屋の代表を務めています。このブログを通じて、診断士を目指すみなさんへ、なんらかの“気づき”をご提供したいと思っています。よろしくお願いします。経営コンサルタント(株)ニュートンズアイ代表取締役。

AAS名古屋情報

AAS名古屋


▼new!ビジネスコンサルティング・コーチ養成講座

コーチング講座
2次試験対策教材
shinansyo-link









ブログランキング参加中!
診断士受験生を応援中!
AAS名古屋Facebookページ


AAS名古屋 公式ツイッター


診断士2次対策の専門機関
中小企業診断士試験の2次専門機関のAAS名古屋・浜松ホームページはこちら!
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード