設問文で、仮説思考のメモを出すこと。
これを「設問分解」という。
私が約25年前?に作った方法だ。

ところで、「設問分解」を教わっても
なかなか合格答案が書けない、
それどころか、設問で何を書いてよいか
わからない、という方はあるだろうか?

そんな方は、そもそものところで
やり方を正しく理解できていない。

正しく理解できていないのには
いくつか理由があるだろうが、
戦略フレームワーク(体系図)の視点で
設問を眺めていない気がする。

設問を読んだ時に
すぐに「体系図のどの位置の、
どの知識を使う話か?」
想像しているだろうか?

先日のブログで、診断士は
「経営学」の知識で問題解決する
とお話したが、戦略の枠組みが
浮かばないのは、
まさに「経営」の意識が無いと
自ら表しているようなものなのだ。

だからまずはこの練習をしてほしい。
設問ごとにで良いから、
その設問は、戦略フレームの
「どこの話か?」といつも考えてほしい。

これができなくてはマジ合格は難しい。
だからいつも、
「どこの話?」を口癖にしてね。
mm2