今日はお悩み相談に多い
解答の書き方についてお話したい。

結論から言うと、解答の書き方には
「妥協」が必要だということだ。

何を妥協するのか?
それはまさに「書き方」だ。

もちろん解答は「因果」を明確にして、
わかりやすく書くことが大切だ。

だが、わかりやすく書くことよりも
もっと大切なのはその内容だ。

書き方がへたくそでも
内容が揃っていれば点が入る。

例えば出題者が利益を向上するための
策を問うているなら、
そのために必要十分な内容にするのだ。

売上を上げる策、費用を削減する策。
この2つを、与件情報を
使いながら書けばよい。
利益の要素は、「売上ー費用」だからだ。

それは箇条書きでもいい。
売上なら新規客か既存客か、
費用なら原価か販管費か。

これらに該当する与件情報を使って
改善するように列挙すればよい。

もちろん因果が整って、さらに
必要十分な内容が入ればなおよいが、
書き方で無理をして、
内容が整わねば何の意味もない。

採点者が見ているのは内容だ。
無理しないでね。
hana1