2次試験で多少の失点があっても
合格するためにはいったい、
何が鍵となるのか?
採点者の評価が高いものは何か?

一番は、事例企業の戦略と課題が
明確になっていることだ。

つまり、事例企業の強みを使った
成長ストーリーとそれを達成するための
課題(出題者が強調するポイント)を
把握することだ。

例えば、R5年事例気任蓮⊆,里茲Δ砲覆襦

・A社の組織力と商品開発力という
 強みで戦略を描き、
・出題者が強調する
「経営統合によるシナジー効果」を
 活かした両社の経営課題の達成

さて、2次試験で多少の失点があっても
合格するための二番目の鍵は、
「問われたことに問われたように」
答えられているかどうか?だ。

上述したような事例テーマを理解できていても
設問にピッタリと合った内容になっていなければだめだ。

出題者が要れて欲しい要素が
欠けていたりズレていては、
細かな失点が増えてしまう。

以上をまとめると、
多少の失点があっても
合格するためには、次の2点に留意し、
実現できる勉強をすることだ。

・出題者の間接的な問い(テーマ)への正確性
・直接的な問い(設問の的)への正確性

忘れないでね。けっして。
sakura0331