今朝は、いつものアップ時刻を過ぎて、書いている。
理由は、居間でうたた寝していたからだ。
ブログを書きかけのまま、撃沈していた。

先日、「2度転倒した」とお話したが、
一週間経っても痛みが引かず、足の指がまた腫れだし、
実に歩きにくくなってきたので昨日ようやく整形外科へ。

撮ったレントゲン写真に「骨折」の箇所が映り、
医者から「やらかしましたねえ。見事に骨折です。
ひびじゃないですねー。」と言われた途端、
一気に痛みが増した。

そのうえ、週末の出張を考えると、さらに痛みが増した気がした。
ぐるぐる巻きの足に合う、靴も探さねばならない。

骨折とは思わず、先週は合格祈願旅行に出かけた。
何の手当もせずだ。

その時はあまりに楽しくて笑いっぱなしだった。
おかげで足の痛みも癒え、かなり改善していると
勝手に思っていた。

それが自宅に戻り、日常に戻ったせいか
「我に返った」のだ。まるで竜宮城から戻った
浦島太郎のように現実に戻ったら、痛みがぶり返した。
そして、「骨折」の烙印で一気にがっかりして、
益々、痛みが増してしまったのだ。

知らなければ幸せだったのに。。。とも思うが
知ったからこそ、ぐるぐる巻きに指を固定されて、
具体的な改善方法を打つことができたのだ。

ところで話は変わるが、
未だ「再現答案」をご提出でないみなさん。
今こそ自ら痛い思いもして正しく振り返っておきべきだ。

知らないほうが幸せ・・・と自分を甘やかしては、
万が一の時に正しく対策できない。

もちろん、試験の結果は、蓋を開けてみるまで
けっしてわからないが、いつなん時でも「振り返り」は重要だ。
診断士に成る人なら益々、PDCAが大事だ。

今週末までには作成していただきたい。
万が一にも口述試験にも役立つ振り返りをぜひ!
影