去年の2次試験が終わった時に、
こう思った人がいるかもしれない。

『なんであんな解答を書いたんだろう。』

そしてまた今、
模試を受けて思っているかもしれない。
『なんであんな解答を書いたんだろう。』

だが、それは言ってもしょうがない。
意味が無い。

その時はそれがベストだ、最善だと思ってあなたは書いたのだ。
だから、後悔してはいけない。
良かれと思って、自分でやったことだ。

今やるべきなのは、次にそんな解答を
書かないための手段を考えることだ。

この1年、何かしらの勉強を続けていれば
能力は必ず変化しているし、育っている。

あとはさらに注意深くチェックをして
採点者からも良かれと思われるような
解答を書けるよう準備をするだけだ。

記憶にとどめるのは、悔しさだけにして、
隙間時間も使ってせっせと勉強しよう。

一つ一つ問題点を突き止め、全力で改善すること。
「間に合うか?」悩む時間が惜しい。
塵も積もれば山となる。勉強も同様!

落ち込む暇はない。前進あるのみ!
これが残り29日でやることだ。

どこかの芸人さんが言っていた。「やればできる!」
真理だと思う。「やればできる!」
ball_20210804