中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo(スィ,エッコロ)」

AAS名古屋代表  鷺山はるこのブログです。 中小企業診断士2次受験ノウハウを惜しみなく掲載中!         ※Si.Eccolo!とはイタリア語で「はい、ここにあります。」という意味です。

由来から学ぶ

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
先日のことだ。家を出た途端、
黒い何かが舞うのが見えた。

一瞬、ぎょっとした。
悲しいかな、こんな状況になると
つい想像するのが、「飛蚊症?」という言葉だ。

だがよく見るとその黒いものは
大きく、優雅に飛んでいた。
そのうえ、ツガイ?二羽が並んで路面に立った。

珍しい光景に嬉しくなった。
『こんなものを見るなんて!幸運の証に違いない!』
ついさっきまで「飛蚊症か」とびびっていた気分が
急に盛り上がる。

ところで蝶は、正しくは「一頭、2頭」とも
数えることをご存知だろうか?

昔、西洋からの書物を翻訳していた人が
「head」という言葉を見つけ、「頭」と訳し
翻訳書に書いてしまったらしい。

起源で面白い話はまだある。
皆さんが学んでいる、戦略フレームワークの
事業ドメイン(経営戦略、全体戦略など)の箇所を三角で表すのはなぜか?
ご存知だろうか?

私が受験時代に読んだ古い経営学の本にこんな記述があった。

「誰に、何を、どのように」の3点を
決めることが重要、その上この3つは
深くつなげて考えることが必要だから
三角形で表そう。」と、日本で経営学の基礎を作り、
戦略フレームワークの形を作った先生方が
話し合って決められたそうだ。

こう聞くと、戦略語る際、
「誰に、何を、どのように」と忘れずに
必ず述べよう!という気にもなるのではないか?
3点であることが大事、と。

診断士の勉強も知識の生い立ちから知っていくと
腹落ちしやすくなる。

真の理解には、受験校のテキストだけ読むのではなく、
元になった本物を読むことも大事。
「由来」を知るほど深く学ぶこと。
ぜひ皆さんへもお薦めしたい。
PXL_20240614

歩く。ただ歩く。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
正直言って散歩は嫌いだ。
運動するなら、エアロビかダンスか、
楽しめるものが良い。

「ただ歩く」なんて正直、つまらない。

だがそうも言ってはいられなくなった。
犬が歩けなくなってから、
めっきり運動量が減って、
気が付けばかなり体重が増えている。
と同時に、膝だの腰だの、不調も増えてきた。

結局、やむなく歩くこととしたのだ。

どうせならと、ネットで適当な歩数を見てみた。
病気の予防やコレステロール値を下げるには
1日あたり8,000歩必要と。
(げぇ、時間かかるのよねー、8,000歩・・・

さて、
始めてから、今日で20日になる。

気が付けば体重が1垳困辰討い襪任呂覆い。
少しでも結果が見えるとモチベーションも高まる。

受験生の皆さんの気持ちがわかるなあ。
結果次第で、モチベーションも乱高下する。

「やってもやっても力が付いた気がしない」
そう思っている皆さんは多いだろう。

だが「ただ歩く」だけでも継続すれば
じりっ、と結果はついてくる。

派手な結果を急いではいけない。
見えなくとも、やり続ければ力はついてくる。

毎日、毎日、少しでも事例問題に触れること。
結果が見えるのは発表の時だ。
焦らずにいこう。粘ろう。今日も。
hasu5745

なぜ手順が必要か?

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
「解答手順」について、今日はお話したい。

私がいつもお薦めすることはこれだ。
  ↓↓
「受験勉強のゴールは
MY解答手順を作ることです。」

MY解答手順とは自分の解き方の流れ、
内容、時間配分などを決めた
自分だけの解法マニュアルのことだ。

これを作り上げることで、
安定的に点数が取れるようになる。
最低限、赤点にはならずに済む。

それはなぜか?

この手順は自分の問題点を露出させないための
手段だからだ。

読み逃す癖のある方は、
読み逃さないためのメモ書きを工夫する。

考えがまとまらない方は、
まとめるための場所と方法をメモで作る。

このように、自分の「ダメ」な点を
解決できるように工夫したものが
MY解答手順なのだ。

ちなみに科目によって、手順に入れたいものもある。

例えば、事例気任△譴仭反タ泙漏萢僂靴燭ぁ
文章をビジュアルにすることで
頭が整理されていく。

事例兇任△譴弌▲拭璽殴奪箸肇法璽此
強み、競合の特徴などを
まとめて整理する場所を作りたい。

単に与件や設問の気づきだけが
手順ではない。自分の頭を整理する
場所と時間、内容を決める。
これも重要な手順のひとつだ。

作り方がわからない、という方は
いつでもご相談いただきたい。
具体的にお話させていただく。
ご遠慮なくね。
hana1
プロフィール

中小企業診断士の鷺山(さぎやま)はるこです。中小企業診断士2次専門校AAS名古屋の代表を務めています。このブログを通じて、診断士を目指すみなさんへ、なんらかの“気づき”をご提供したいと思っています。よろしくお願いします。経営コンサルタント(株)ニュートンズアイ代表取締役。

AAS名古屋情報
▼メルマガ登録はこちら!
毎月1日配信 ときどき号外

中小企業診断士2次試験対策メールマガジン


▼AAS名古屋パンフレット


▼ビジネスコンサルティング・コーチ養成講座

コーチング講座





2次試験対策教材
shinansyo-link









ブログランキング参加中!
診断士受験生を応援中!
AAS名古屋Facebookページ


AAS名古屋 公式ツイッター


診断士2次対策の専門機関
中小企業診断士試験の2次専門機関のAAS名古屋・浜松ホームページはこちら!
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード